佛教大学 通信教育課程

教員の方へ 2019年度免許法認定通信教育受講者募集教員の方へ 2019年度免許法認定通信教育受講者募集

教員としての在職経験が3年以上あれば通信教育で上位や他種の教員免許状が取得可能!教員としての在職経験が3年以上あれば通信教育で上位や他種の教員免許状が取得可能!

募集締切:2019年10月10日(木)23:59まで募集締切:2019年10月10日(木)23:59まで

免許法認定通信教育とは?免許法認定通信教育とは?

免許法認定通信教育とは、教員としての在職経験がある方が単位修得によって上位の免許状や他の種類の免許状を短期で取得できる制度です。本制度を活用することで少ない単位数で、教員として新たなキャリアをひらくことができます。

佛教大学免許法認定通信教育で取得できる3つの資格佛教大学免許法認定通信教育で取得できる3つの資格

下記のボタンをクリックすると、
各資格別に詳細な情報がご覧頂けます。

  • (スクーリング不要)小学校教諭 2種免許状(スクーリング不要)小学校教諭 2種免許状(スクーリング不要)小学校教諭 2種免許状(スクーリング不要)小学校教諭 2種免許状
  • (スクーリング不要)特別支援学校教諭 2種免許状(スクーリング不要)特別支援学校教諭 2種免許状(スクーリング不要)特別支援学校教諭 2種免許状(スクーリング不要)特別支援学校教諭 2種免許状
  • 中学校教諭(英語) 2種免許状中学校教諭(英語) 2種免許状中学校教諭(英語) 2種免許状中学校教諭(英語) 2種免許状

免許法認定通信教育のポイント免許法認定通信教育のポイント

  1. Point 1:最低単位数で免許状が取得可能!Point 1:最低単位数で免許状が取得可能!
  2. Point 2:自宅学習のみで免許状が取得可能!Point 2:自宅学習のみで免許状が取得可能!
  3. Point 3:働きながら免許状が取得可能!Point 3:働きながら免許状が取得可能!

こんな方が対象ですこんな方が対象です

幼稚園教員の方→7科目13単位修得。学費 78,500円+テキスト代/中学校教員の方→6科目12単位修得。学費 74,000円+テキスト代幼稚園教員の方→7科目13単位修得。学費 78,500円+テキスト代/中学校教員の方→6科目12単位修得。学費 74,000円+テキスト代

こんな方も受講可能ですこんな方も受講可能です

  • 一部の必要な単位を
    すでに修得している方

    取得したい免許状に必要な単位のうち、すでに一部の単位を修得済みの場合、それらの単位の活用が可能です。未修得の単位のみを修得することで、効率的に希望の免許状を取得できます。

  • 教師として働きはじめて
    3年未満の方

    勤務年数が3年未満であっても、授与申請日に3年を越えていれば免許状の取得が可能です。そのため、現時点で勤務年数が足りていなくても、将来を見すえて学びはじめることが可能です。

  • 過去に教員として
    3年以上働いていた方

    現職教員でなくても、すでに教員として3年以上勤務した経験がある場合、受講資格があります。一度教職から離れた方が再び免許を取得し、教員として活躍する道もあります。

履修の流れ履修の流れ

対象となる教科はすべて指定されたテキストのみで学習するテキスト履修科目です。各教科のシラバスに指示されたすべての設問についてリポートを作成・提出し、受理されれば、翌月から科目最終試験の受験が可能になります。科目最終試験に合格することで該当科目の履修完了となり、単位認定日に修得単位として認定されます。

  1. 1:テキスト学習1:テキスト学習
  2. 2:リポート提出……毎月1~7日、最大4科目まで提出可能2:リポート提出……毎月1~7日、最大4科目まで提出可能
  3. 3:添削指導・成績開示……毎月末3:添削指導・成績開示……毎月末
  4. 4:科目最終試験受験……毎月指定の2日間、最大4科目まで受験可能4:科目最終試験受験……毎月指定の2日間、最大4科目まで受験可能
  5. 5:履修完了5:履修完了
注意事項・・・ 学習には、インターネット接続環境を有したパソコンが必要です。

開設科目・定員開設科目・定員

中学校教諭普通免許状を所持し、中学校での在職経験が3年以上の方、幼稚園教諭普通免許状を所持し、幼稚園での在職経験が3年以上の方が対象です。所定の単位を修得することで、小学校教諭2種免許状を取得できます。
本学で、すべての単位を修得される場合、中学校教諭普通免許状を所持の場合は6科目12単位、幼稚園教諭普通免許状を所持の場合は7科目13単位の修得が必要です。

開設科目・定員(表)開設科目・定員(表)

2019年度 免許法認定通信教育について2019年度 免許法認定通信教育について

取得希望
免許状
小学校教諭2種免許状
受講
対象者
  1. (1)幼稚園教諭普通免許状もしくは中学校教諭普通免許状を取得している方。
  2. (2)幼稚園もしくは中学校での在職経験が3年以上の方。
学費 登録料/10,000円
システム利用料/10,000円
受講料/1単位4,500円×取得単位数(テキスト代別)
申込期間 2019年4月1日(月)~10月10日(木)23:59
学習期間 申込が完了し、テキスト購入後、テキスト履修が開始となります。 リポート提出(最終):2019年12月1日(日)~12月7日(土) 23:59まで 科目最終試験受験(最終):2020年1月5日(日)・6日(月) 23:59まで
受講に
かかる
注意事項
  • 学習には、インターネット接続環境を有したパソコンが必要です。
  • 詳細は実施要項にて確認してください。
  • 今年度、未履修科目が生じ次年度に再度履修が必要な場合、改めて申込み手続きが必要となります。その際、登録料・システム利用料・学費(受講料)等が再度必要となりますのでご注意ください。
受講申込の際は
募集要項をご確認ください

よくあるご質問

よくいただくご質問にお答えします。質問をクリックしていただくと回答が表示されます。

Q.講師として3年以上勤務しております。勤続年数は満たしていますか?
A.

雇用形態によっては、3年以上勤務経験があっても免許状申請に必要な在職年数として認められない場合がございますので、事前に都道府県教育委員会に確認してください。

Q.既に免許状取得に必要な単位を一部修得しているのですが、全ての科目を受講しなければ免許状は取得できないのですか?
A.

既に一部の科目を修得されているのであれば、都道府県の教育委員会に受講する必要がある科目を確認してください。教育委員会の指導、あるいは既修得科目に本学開設科目の領域が含まれていない場合は、修得が必要となる場合があります。

Q.単位認定と同時に免許状を取得できますか?
A.

単位認定された科目に対して、本学で発行できるのは「学力に関する証明書」です。その後、ご自身で、教育委員会に個人申請する必要があります。

ぜひ佛大通信で教員としてのキャリアを磨いてください!!ぜひ佛大通信で教員としてのキャリアを磨いてください!!

教員経験が3年以上あれば通信教育で
上位や他種の教員免許状が取得可能!

募集締切:2019年10月10日(木)23:59まで募集締切:2019年10月10日(木)23:59まで

免許法認定通信教育のポイント免許法認定通信教育のポイント

  1. Point 1:最低単位数で免許状が取得可能!Point 1:最低単位数で免許状が取得可能!
  2. Point 2:自宅学習のみで免許状が取得可能!Point 2:自宅学習のみで免許状が取得可能!
  3. Point 3:働きながら免許状が取得可能!Point 3:働きながら免許状が取得可能!

こんな方が対象ですこんな方が対象です

幼稚園、小学校、中学校または高等学校教員の方→5科目6単位修得。学費 47,000円+テキスト代幼稚園、小学校、中学校または高等学校教員の方→5科目6単位修得。学費 47,000円+テキスト代

※すでに特別支援学校教諭2種免許状を取得されている方は1種免許状に上進できます。

こんな方も受講可能ですこんな方も受講可能です

  • 一部の必要な単位を
    すでに修得している方

    取得したい免許状に必要な単位のうち、すでに一部の単位を修得済みの場合、それらの単位の活用が可能です。未修得の単位のみを修得することで、効率的に希望の免許状を取得できます。

  • 教師として働きはじめて
    3年未満の方

    勤務年数が3年未満であっても、授与申請日に3年を越えていれば免許状の取得が可能です。そのため、現時点で勤務年数が足りていなくても、将来を見すえて学びはじめることが可能です。

  • 過去に教員として
    3年以上働いていた方

    現職教員でなくても、すでに教員として3年以上勤務した経験がある場合、受講資格があります。一度教職から離れた方が再び免許を取得し、教員として活躍する道もあります。

履修の流れ履修の流れ

対象となる教科はすべて指定されたテキストのみで学習するテキスト履修科目です。各教科のシラバスに指示されたすべての設問についてリポートを作成・提出し、受理されれば、翌月から科目最終試験の受験が可能になります。科目最終試験に合格することで該当科目の履修完了となり、単位認定日に修得単位として認定されます。

  1. 1:テキスト学習1:テキスト学習
  2. 2:リポート提出……毎月1~7日、最大4科目まで提出可能2:リポート提出……毎月1~7日、最大4科目まで提出可能
  3. 3:添削指導・成績開示……毎月末3:添削指導・成績開示……毎月末
  4. 4:科目最終試験受験……毎月指定の2日間、最大4科目まで受験可能4:科目最終試験受験……毎月指定の2日間、最大4科目まで受験可能
  5. 5:履修完了5:履修完了
注意事項・・・ 学習には、インターネット接続環境を有したパソコンが必要です。

開設科目・定員開設科目・定員

特別支援学校教諭2種免許状は、幼稚園・小学校・中学校・高等学校いずれかの教員免許状を所持し、所持する教員免許状の教員として最低3年以上の在職経験がある方が対象です。特別支援学校教諭1種免許状は、特別支援学校教諭2種免許状を所持し、特別支援学校教諭として最低3年以上の在職経験がある方が対象です。所定の単位を修得することで、それぞれの免許状が取得できます。
本学で、すべての単位を修得される場合、5科目6単位の修得が必要です。

開設科目・定員(表)開設科目・定員(表)

2019年度 免許法認定通信教育について2019年度 免許法認定通信教育について

取得希望
免許状
特別支援学校教諭2種免許状
受講
対象者
  1. (1)幼稚園・小学校・中学校・高等学校に勤務しており、在職経験が3年以上の方。
  2. (2)特別支援学校教諭2種免許状を取得後、特別支援学校の教員として在職経験が3年以上の方
学費 登録料/10,000円
システム利用料/10,000円
受講料/1単位4,500円×取得単位数(テキスト代別)
申込期間 2019年4月1日(月)~10月10日(木)23:59
学習期間 申込が完了し、テキスト購入後、テキスト履修が開始となります。 リポート提出(最終):2019年12月1日(日)~12月7日(土) 23:59まで 科目最終試験受験(最終):2020年1月5日(日)・6日(月) 23:59まで
受講に
かかる
注意事項
  • 学習には、インターネット接続環境を有したパソコンが必要です。
  • 詳細は実施要項にて確認してください。
  • 今年度、未履修科目が生じ次年度に再度履修が必要な場合、改めて申込み手続きが必要となります。その際、登録料・システム利用料・学費(受講料)等が再度必要となりますのでご注意ください。

※すでに特別支援学校教諭2種免許をお持ちの方は同講座を受講することで、特別支援学校教諭1種免許状を取得する事が可能です。

よくあるご質問

よくいただくご質問にお答えします。質問をクリックしていただくと回答が表示されます。

Q.講師として3年以上勤務しております。勤続年数は満たしていますか?
A.

雇用形態によっては、3年以上勤務経験があっても免許状申請に必要な在職年数として認められない場合がございますので、事前に都道府県教育委員会に確認してください。

Q.既に免許状取得に必要な単位を一部修得しているのですが、全ての科目を受講しなければ免許状は取得できないのですか?
A.

既に一部の科目を修得されているのであれば、都道府県の教育委員会に受講する必要がある科目を確認してください。教育委員会の指導、あるいは既修得科目に本学開設科目の領域が含まれていない場合は、修得が必要となる場合があります。

Q.単位認定と同時に免許状を取得できますか?
A.

単位認定された科目に対して、本学で発行できるのは「学力に関する証明書」です。その後、ご自身で、教育委員会に個人申請する必要があります。

ぜひ佛大通信で教員としてのキャリアを磨いてください!!ぜひ佛大通信で教員としてのキャリアを磨いてください!!

教員経験が3年以上あれば通信教育で
上位や他種の教員免許状が取得可能!

募集締切:2019年10月10日(木)23:59まで募集締切:2019年10月10日(木)23:59まで

免許法認定通信教育のポイント免許法認定通信教育のポイント

  1. Point 1:最低単位数で免許状が取得可能!Point 1:最低単位数で免許状が取得可能!
  2. Point 2:通信教育のみで免許状が取得可能!Point 2:通信教育のみで免許状が取得可能!
  3. Point 3:働きながら免許状が取得可能!Point 3:働きながら免許状が取得可能!

こんな方が対象ですこんな方が対象です

小学校教員の方→7科目14単位修得。学費 92,500円+テキスト代小学校教員の方→7科目14単位修得。学費 92,500円+テキスト代

こんな方も受講可能ですこんな方も受講可能です

  • 一部の必要な単位を
    すでに修得している方

    取得したい免許状に必要な単位のうち、すでに一部の単位を修得済みの場合、それらの単位の活用が可能です。未修得の単位のみを修得することで、効率的に希望の免許状を取得できます。

  • 教師として働きはじめて
    3年未満の方

    勤務年数が3年未満であっても、授与申請日に3年を越えていれば免許状の取得が可能です。そのため、現時点で勤務年数が足りていなくても、将来を見すえて学びはじめることが可能です。

  • 過去に教員として
    3年以上働いていた方

    現職教員でなくても、すでに教員として3年以上勤務した経験がある場合、受講資格があります。一度教職から離れた方が再び免許を取得し、教員として活躍する道もあります。

履修の流れ履修の流れ

テキスト履修

対象となる教科は、一部を除き指定されたテキストで学習するテキスト履修科目です。各教科のシラバスに指示されたすべての設問についてリポートを作成・提出し、受理されれば、翌月から科目最終試験の受験が可能になります。科目最終試験に合格することで該当科目の履修完了となり、単位認定日に修得単位として認定されます。

  1. 1:テキスト学習1:テキスト学習
  2. 2:リポート提出……毎月1~7日、最大4科目まで提出可能2:リポート提出……毎月1~7日、最大4科目まで提出可能
  3. 3:添削指導・成績開示……毎月末3:添削指導・成績開示……毎月末
  4. 4:科目最終試験受験……毎月指定の2日間、最大4科目まで受験可能4:科目最終試験受験……毎月指定の2日間、最大4科目まで受験可能
  5. 5:履修完了5:履修完了
注意事項・・・ 学習には、インターネット接続環境を有したパソコンが必要です。

スクーリング

中学校教諭2種免許状(英語)取得に関わる教科「英語コミュニケーション」についてはスクーリングが必要になります。定められたスクーリングの受講時間すべてに出席し、そこで指示された課題について、テキスト等で学習を深め、期日までにリポートを作成、提出します。合格すれば履修完了となり、単位認定日に修得単位として認定されます。スクーリングを受講するには、申込みが必要です。申込方法については、受講許可後に送付する『学習のしおり・履修要項』で確認してください。

開講日程・場所・申込期間
スクーリング:開講日程・場所・申込期間(表)スクーリング:開講日程・場所・申込期間(表)

開設科目・定員開設科目・定員

小学校教諭普通免許状を所持し、小学校の教員として最低3年以上の在職経験がある方が対象です。所定の単位を修得することで、中学校教諭2種免許状(英語)を取得できます。
本学で、すべての単位を修得される場合、7科目14単位の修得が必要となります。

開設科目・定員(表)開設科目・定員(表)

※「教科に関する専門的事項」の開設科目名に○印を付した科目は施行規則に定める科目区分等の各科目における一般的包括的内容を含む科目であることを示す。

2019年度 免許法認定通信教育について2019年度 免許法認定通信教育について

取得希望
免許状
中学校教諭2種免許状(英語)
受講
対象者
  1. (1)小学校教諭普通免許状を取得している方
  2. (2)小学校での在職年数が3年以上の方
学費 登録料/10,000円
システム利用料/10,000円
受講料/テキスト科目:1科目9,000円×受講科目数(テキスト代別)
スクーリング:1科目18,500円
申込期間 2019年7月29日(月)~10月10日(木)23:59
学習期間
  • 2019年度のT履修科目のリポート提出期間、科目最終試験受験日は以下のとおりです。
    リポートの提出後、受理されれば翌月の科目最終試験の受験を許可します。
    限られた期間での履修となる為、出願にあたっては注意してください。詳細は実施要項を確認してください。
    • リポート提出期間(各月、初回・再提出併せて最大4科目まで提出可能)
      9月1日(日)~9月7日(土)
      10月1日(火)~10月7日(月)
      11月1日(金)~11月7日(木)
      12月1日(日)~12月7日(土)
    • 科目最終試験受験日(各月、最大4科目まで受験可能)
      〔10月試験〕10月5日(土)・6日(日)
      〔11月試験〕11月2日(土)・3日(日)
      〔12月試験〕12月1日(日)・2日(月)
      〔1月試験〕1月5日(日)・6日(月)
  • SR履修科目の履修にあたっては定められた期間での申込み、受講、リポート提出が必要です。詳細は実施要項を確認してください。
受講に
かかる
注意事項
  • 学習には、インターネット接続環境を有したパソコンが必要です。
  • 詳細は実施要項にて確認してください。
  • 今年度、未履修科目が生じ次年度に再度履修が必要な場合、改めて申込み手続きが必要となります。その際、登録料・システム利用料・学費(受講料)等が再度必要となりますのでご注意ください。
受講申込の際は
募集要項をご確認ください

よくあるご質問

よくいただくご質問にお答えします。質問をクリックしていただくと回答が表示されます。

Q.講師として3年以上勤務しております。勤続年数は満たしていますか?
A.

雇用形態によっては、3年以上勤務経験があっても免許状申請に必要な在職年数として認められない場合がございますので、事前に都道府県教育委員会に確認してください。

Q.既に免許状取得に必要な単位を一部修得しているのですが、全ての科目を受講しなければ免許状は取得できないのですか?
A.

既に一部の科目を修得されているのであれば、都道府県の教育委員会に受講する必要がある科目を確認してください。教育委員会の指導、あるいは既修得科目に本学開設科目の領域が含まれていない場合は、修得が必要となる場合があります。

Q.単位認定と同時に免許状を取得できますか?
A.

単位認定された科目に対して、本学で発行できるのは「学力に関する証明書」です。その後、ご自身で、教育委員会に個人申請する必要があります。

ぜひ佛大通信で教員としてのキャリアを磨いてください!!ぜひ佛大通信で教員としてのキャリアを磨いてください!!

教員経験が3年以上あれば通信教育で
上位や他種の教員免許状が取得可能!

募集締切:2019年10月10日(木)23:59まで募集締切:2019年10月10日(木)23:59まで

佛教大学 通信教育課程

〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
TEL : (075)491-0239